スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)

 26日午後4時20分ごろ、東京・原宿の竹下通りで、若者が殺到する騒ぎがあり、13歳と14歳の女性計3人が気分の不調を訴えるなどして病院に運ばれた。東京消防庁によると、3人の症状はいずれも軽いという。

 警視庁原宿署によると、「アイドルが路上ライブをやるという情報が流れ、人が押し寄せている」といった通報が多数あったが、ライブの事実はなかったという。同署は、こうしたうわさが流れて若者が殺到したとみている。

<首都高速道路>平日昼間の割引3月末で廃止 阪神高速も(毎日新聞)
<自民党>参院選公認候補7人を発表(毎日新聞)
首相動静(3月24日)(時事通信)
【法廷から】親らしい姿、最後までなく 2歳長男虐待死(産経新聞)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
スポンサーサイト

トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)

 21日午後11時35分頃、愛知県みよし市打越町のトヨタ自動車三好工場で、小規模のガス爆発が発生した。

 この爆発で、作業中の男性従業員(44)が顔に1~2週間のやけどを負った。

 県警豊田署によると、爆発は、従業員がエンジン部品を製造する際に使用する「焼結炉」と呼ばれる炉に点火する作業中に起きたという。

努力足りないのは国会議員=信頼感の全国調査-中央調査社(時事通信)
<足利事件>「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
重文窃盗、新たに2人逮捕=観音像80万円で売却-福岡県警(時事通信)
実力伯仲 若手作家35人 「VOCA展」 東京・上野の森美術館で開幕(産経新聞)
<雑記帳>新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)

<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)

 築地市場(東京都中央区)の江東区豊洲地区への移転問題を巡り都議会民主党は24日、議員総会を開き、豊洲の用地購入費を削除した予算修正案を26日の予算特別委員会に提出することを決めた。共産党や生活者ネットワーク・みらいも同調する方針で、修正案は賛成多数で可決される公算が大きい。

 石原慎太郎知事は10年度の中央卸売市場会計予算1575億円に豊洲の用地購入費1260億円を盛り込んでおり、民主党は用地購入費を削除した修正案とした。用地購入には議員127人のうち民主党など65人が反対しており、修正案は30日の本会議でも可決される見込み。石原知事は再議権(拒否権)を行使するとみられ、この場合は出席議員の3分の2の同意が必要となるため、修正案は否決される。ただし、原案が可決される見込みもないため、最終的には用地取得費を除いた予算となる可能性が高い。

 民主党は「強引な移転には反対」と主張し、開会中の定例議会で現在地再整備の再検討や市場関係者の合意形成を石原知事に求めてきたが、都側は応じていない。移転に賛成する自民、公明両党は、執行に一定条件を設ける付帯決議付きの予算成立を目指しており、今後、ぎりぎりまで会派間の協議が続きそうだ。【市川明代】

【関連ニュース】
築地市場:豊洲移転暗礁に 都議会民主が用地削減案提出へ
築地移転:土壌汚染除去の実験で濃度低下
東京・築地市場移転:豊洲移転暗礁に 都議会民主、用地費削除案提出へ
東京・築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 汚染除去の実験で濃度低下
築地市場移転問題

新潮社側の敗訴確定 ノースアジア大名誉棄損訴訟で最高裁(産経新聞)
重文の大日如来坐像盗まれる=無人の寺、鉄扉こじ開け-大阪(時事通信)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付(毎日新聞)
京都-門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
面識ない人同士の生体臓器移植検討へ―移植学会(医療介護CBニュース)

<水俣病>2患者団体が一時金など受諾(毎日新聞)

 水俣病未認定患者の救済問題で、患者団体「水俣病被害者芦北の会」(熊本県津奈木町)と、「水俣病被害者獅子島の会」(鹿児島県長島町)は22日、それぞれ総会を開き、環境省が示した一時金1人210万円と、療養手当月1万2900~1万7700円の救済内容の受け入れを決めた。正式決定したのは両会が初めて。

 熊本地裁が15日に訴訟派団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)に示した和解案と同額で、環境省が19日に提示していた。

【関連ニュース】
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で
水俣病:一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟
水俣病:69年以降生まれも救済 国が提案
水俣病:関東移住の未認定患者23人が提訴

<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)
漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り-都議会(時事通信)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)

<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)

 法務省は17日の政策会議で、取り調べ全過程の録画・録音(可視化)導入に向けたスケジュールを与党議員に示した。省内の勉強会は来年6月ごろをめどに実務上の課題を整理し、導入方法などの結論をまとめる。さらに法制審議会への諮問・答申の手続きを踏めば、法案提出は早ければ12年の通常国会が見込まれる。

 勉強会は政務三役を中心に昨年10月に始まった。年間200万件に及ぶ全事件を対象にすることが現実的かどうかなど、論点整理を進めている。来年度には、既に導入している諸外国の視察や、捜査・公判の実情調査を実施。進行具合によっては、来夏以降も勉強会での検討を続ける。

 中井洽国家公安委員長も2月から、私的研究会で可視化や新たな捜査手法の議論を進めており、結論には約2年かかるとの見通しが示されている。このため今年7月にも、中井委員長と千葉景子法相が協議し、法案化に向け認識を共有する。

 可視化を巡っては、民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」が、今国会での法案提出を政府に要請している。政策会議では与党議員から、早期の法案提出が必要などとする異論が相次いだ。【石川淳一】

【関連ニュース】
取り調べ可視化:議連が国会提出申し入れ
検察会同:「検察として深い反省」足利事件で検事総長
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
大分・旧清川村の女性強殺:被告に無罪判決 丸山・大分地検次席検事、渡辺弁護士の話
検察長官会同:足利事件で検事総長「検察として深い反省」

普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
吉野家元バイトが強盗、現役バイトはネコババ(スポーツ報知)
新理事長に池坊保子氏=漢検協会(時事通信)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)
<掘り出しニュース>飲んで寝ても大丈夫!? 深夜特急の停車時間延長 (毎日新聞)

水俣病和解協議、一時金210万円の案示す(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火患者会(熊本県水俣市)が、国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた集団訴訟の和解協議が熊本地裁で15日開かれた。

 高橋亮介裁判長は、原告に支払われる一時金の額を一人当たり210万円、毎月の療養手当を1万7700~1万2900円、訴訟費用や団体の活動経費となる「団体一時金」を29億5000万円などとする所見を示した。

 最大の焦点だった金額が提示され、和解協議は大詰めを迎えた。

 所見によると、療養手当は年齢などで3区分され、〈1〉入院による療養を受けた人1万7700円〈2〉70歳以上1万5900円〈3〉70歳未満1万2900円――とされた。支給対象者は、医師らで構成する第三者委員会で審査して判定する。

東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
格差2倍超「合憲」=衆院選無効訴訟、判断分かれる-東京高裁(時事通信)
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説(医療介護CBニュース)
日弁連次期事務総長に海渡氏…社民党首の夫(読売新聞)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)

<阿含・桐山杯>アマ全員姿消す(毎日新聞)

 阿含・桐山杯第17期全日本早碁オープン戦(日本棋院主催、毎日新聞社ほか後援、阿含宗特別協賛)の予選が15日、東京・大阪・名古屋の日本棋院会館で行われた。アマチュアの滝沢雄太さんと佐藤洋平さんは予選Bの1回戦を突破したが、2回戦で敗退。この結果、参加したアマ20人は全員、姿を消した。今期のプロアマ戦の通算成績はプロの20勝10敗となった。

うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委(読売新聞)
割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
秋篠宮さまの日程変更=タイ情勢悪化で(時事通信)
博多港のベイサイドプレイス全面開業=福岡〔地域〕(時事通信)
福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)

<ダンス>世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)

 世界各国のトップダンサーが競演する「ロヂャース杯争奪 第12回東京インターナショナルオープンダンススポーツ選手権」が7日、東京都渋谷区の東京体育館であり、華麗な演技が観客を魅了した。

 スタンダード、ラテンの各部門に計25カ国・地域から180組が参加。スタンダード部門はドイツのベネデット・フェルッジア、クラウディア・ケーラー組が、ラテン部門はロシアのアレクセイ・シルデ、アンナ・フィルストワ組がそれぞれ優勝した。日本勢はスタンダード部門で石原正幸、久保斐美組が8位に入賞した。

 このほか「U-23オールジャパン・ダンススポーツカップ」スタンダード部門では、デンマークのイウォ・ロデサーニ、モニカ・ペデルセン組が、ラテン部門は日本の久野将也、和田有可組がそれぞれ優勝した。

<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)
「おかしいと思ったら通報を」=振り込め防止にふりかけ配布-警視庁(時事通信)
伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
<H氏賞>中国人の田原さんの詩集「石の記憶」に(毎日新聞)
トランス事件 架空増資で元役員を逮捕(産経新聞)

統幕学校卒業式 田母神氏の出席拒否 招待一転、防衛省が圧力?(産経新聞)

 政府見解と異なる歴史認識を盛り込んだ論文を発表して更迭された田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長(61)が、統合幕僚学校(東京都目黒区)から3月5日の卒業式に招待されながら、後に一転して出席を「拒否」されたことが3日わかった。田母神氏は、防衛省から“圧力”がかかったとみている。

 統幕学校は、陸海空各自衛隊の1、2佐クラスの自衛官を対象に高級幕僚業務や自衛隊統合運用、安全保障学などの教育を行う機関で、上級幕僚への登竜門とされている。田母神氏は平成14年から約2年間、統幕学校長を務めた。歴代学校長は卒業式に招待されるのが慣例となっている。

 田母神氏によると、2月上旬に統幕学校から卒業式への招待状が届き、同封のはがきで「出席」と返答した。しかし、下旬になって渡辺隆統幕学校長(陸将)が「出席を見合わせてほしい」と電話で伝えてきた。田母神氏が理由の説明を求めたところ、学校長は、防衛省が「田母神氏が出席するなら防衛省関係者は一切卒業式に出席しない」と学校側に通告してきたと説明したという。田母神氏は「言論弾圧であり、人権弾圧みたいな嫌がらせだ。自民党政権時代より露骨になっている」と話している。

 卒業式をめぐる田母神氏への対応について、統幕学校総務課は「学校長から『田母神氏は出席されなくなった』と聞いていたが、経緯はわからない」としている。また、防衛省は3日、「事実関係の確認には時間がかかる」(人材育成課)とコメントした。

 田母神氏は20年10月に空幕長を解任されて以来、執筆や講演などを通じて積極的に言論活動を行っている。昨年の統幕学校卒業式にも招待されたが、スケジュールが合わず欠席した。

 防衛省は田母神氏の言論活動に神経をとがらせているようだ。昨年には同省の民間協力団体「防衛省自衛隊東京地本援護協力会杉並支部」が都内で「日本は侵略国家ではない」と題した講演会の主催を予定していたが、防衛省側から中止を求める要請があり、主催名を変更した。

<雑記帳>10年前のさい銭ドロを謝罪し返金 宇都宮(毎日新聞)
支持率続落で首相「民主らしさ見えないから」(読売新聞)
“ミロのビーナス”にブラ!?かえって…(読売新聞)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)
ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=「燃料ランプに気を取られた」-警視庁(時事通信)

岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響-気象台調査(時事通信)

 チリ地震による津波で、大津波警報が出された岩手、宮城の三陸沿岸部では、入り江の漁港を中心に推定1~2メートルの津波が押し寄せ、岩手県陸前高田市の両替漁港では1.9メートルに達したことが5日、仙台管区気象台と盛岡地方気象台の現地調査で分かった。
 気象庁の潮位計で観測された三陸沿岸部の最大波は同県久慈市の1.2メートルだったが、仙台管区気象台は「三陸は湾が小さく食い込んでいるので、場所によっては2メートルあった」とみている。
 調査は1~2日、久慈市や宮城県気仙沼市など4市3町で実施。建物に残った津波の痕跡から高さを推測し、両替漁港など19地点で推定値を得た。気仙沼市魚市場では1.8メートル、岩手県大槌町の大槌漁港では1.3メートルだった。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「大津波警報」
津波、川を1キロ遡上=湾内では高低差
半数が最大波前に帰宅=最初の津波到達後に
津波警報、在り方見直し=中井防災担当相
津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり、海面変動は続く

山陽新幹線上り、新大阪―広島駅間で運転見合わせ(読売新聞)
愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え-宮内庁(時事通信)
氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)
<トランスデジタル>元役員逮捕 架空増資容疑(毎日新聞)
民主党「七奉行」が会合、参院選「厳しい」で一致(産経新聞)

故意にぶつかり→壊れた携帯落とす→修理代払え(読売新聞)

 通行人にわざとぶつかる「当たり屋」行為で、既に壊れた携帯電話を落として修理代を詐取しようとしたとして、大阪府警高槻署は1日、神戸市垂水区、アルバイト工員溝畑直樹被告(22)(別の詐欺罪で起訴)ら3人を詐欺未遂容疑で逮捕したと発表した。

 発表では、3人は1月13日午後6時50分頃、大阪府高槻市高槻町の路上で、自転車の同市内の薬剤師女性(37)にぶつかって壊れた携帯電話を落とし、「直してもらおうか」と言って近くの販売店に連れて行き、修理代の一部、約1万3650円をだまし取ろうとした疑い。

 3人が犯行直前、現場近くで別の男性にぶつかり携帯電話を落とすのを、警戒中の同署員が確認。被害女性にも同様の行為をしたため、職務質問して発覚した。同署が余罪を追及している。

地域医療支援病院は全国で267施設-厚労省(医療介護CBニュース)
北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)
1月税収9%減=ボーナス減少響く-財務省(時事通信)
速度違反し逃走図る…山口大の学生支援部長逮捕(読売新聞)
「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)

<林忠彦賞>岩手の小栗さんに (毎日新聞)

 戦後を代表する写真家、林忠彦(1918~90年)の精神を受け継ぐ作品に贈る09年の林忠彦賞(山口県周南市文化振興財団主催)に、岩手県遠野市の写真家、小栗昌子さん(37)の「トオヌップ」が決まった。財団が4日、発表した。

 小栗さんは名古屋市出身。遠野の自然や風土などに魅せられて99年に移住、人々の暮らしを撮り続けている。

 トオヌップは、遠野という地名の由来とされるアイヌ語で、湖のある丘や原野を意味する。

ゲーム喫茶強盗、100万円奪う=売り上げや客の所持金、2人けが-大分(時事通信)
チリ地震 日本人1200人が在住(毎日新聞)
2ちゃんねるダウン 韓国からのサイバー攻撃か?(産経新聞)
無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)

元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)

 神奈川県逗子市で2008年2~3月、元夫の連れ子で当時9歳だった女児をダンベルで殴るなどして虐待し、全治9か月の重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた元母親で同市に住むホームページデザイナー(41)の第2回公判が2日、横浜地裁(久我泰博裁判長)であった。

 この日は、別室の音声や映像を法廷に中継する「ビデオリンク方式」で女児の証人尋問が行われ、女児は「お母さん以外の人に暴力を振るわれたことはない」などと証言した。

 検察側の冒頭陳述では、元母親は、元夫の娘に男児として振る舞わせたり、08年2月中旬から3月末までの間、ダンベルで何度も殴りつけたりして全治9か月の骨盤骨折などの重傷を負わせたとしている。

 検察側の尋問で、女児は06年夏から始まったとされる虐待の状況を説明。元母親から無理な筋肉トレーニングを強いられ、休んでいるのが見つかる度にダンベルで殴られたことや、小学校のテスト用紙に男性の名前を書くよう強いられたことなどを証言し、「許せない。終身刑になってほしい」と述べた。

 一方、日常的な虐待を否定している元母親の弁護人が反対尋問で「ダンベルにお母さんの指紋は付いていない」と指摘すると、女児は「理由は分かりません」と答えた。また、「ダンベルはいつ頃から家にあったのか」との質問に対しては、「よく覚えていない」と述べた。

<愛知2児遺体>死後2日以内に冷凍?…別々に生まれた男女(毎日新聞)
<米アカデミー賞>会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール(毎日新聞)
大麻の摘発、過去最多=「国内生産」比重高まる-覚せい剤は密輸が激増・警察庁(時事通信)
中日のネルソン投手、銃刀法違反で逮捕(産経新聞)
時効廃止を答申 法制審 改正案、今夏成立も(産経新聞)

気象庁が謝罪「津波予測は過大だった」(スポーツ報知)

 南米チリの大地震(マグニチュード8・8)による日本の津波で、気象庁は1日午前10時15分に、東北太平洋側や高知県に出していた注意報を全面解除した。気象庁地震津波監視課の関田康雄課長は記者会見で、三陸沿岸に大津波警報(予想最大津波3メートル)を出したことなどについて「予測が過大だった」と謝罪した。

 同庁は海外での津波観測データやシミュレーション結果を検討し、三陸の津波を予想。関田課長は「警報が長時間続いて、不便をかけたことをおわびしたい」と述べた。ただ、最悪のケースを想定した結果で「現時点で判断ミスがあったとは考えていない」と強調した。

 津波により、三陸沿岸はカキなどの養殖用いかだが漂流するなどの被害を受けた。岩手県陸前高田市の広田湾漁協小友支所は、被害総額が少なくとも2億8000万円に上ると試算している。

 また、チリのバチェレ大統領は2月28日、地震の死者が708人に達したことを明らかにし、今後も犠牲者数は増加するとの見通しを示した。

 同国中部ではスーパーなどで略奪が相次いでいる。政府は同日、震源地に近い中部主要都市コンセプシオンに夜間外出禁止令を発令。治安維持に全力を挙げている。

 一方、日本の鳩山首相は1日、被災者支援のため、現地に医療チームを派遣する方針を明かした。チームは自衛隊中心になる見込み。

 【関連記事】
マグニチュード 太平洋側 三陸沿岸 を調べる

石巻3人殺傷、解体工少年が殺害認める供述(読売新聞)
首相動静(2月24日)(時事通信)
太平洋沿岸に1~3メートルの津波の恐れ チリ大地震(産経新聞)
就職 不況に泣く18の春 高校内定率74.8%(毎日新聞)
アグネス・チャンさん ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)

大津波、高さ2メートルで木造家屋全面破壊(産経新聞)

 南米チリで発生した地震で、気象庁は28日午前9時33分、青森県太平洋沿岸と岩手県、宮城県に対し、高いところで3メートル以上の津波が予想される大津波警報を、そのほかの太平洋沿岸全域などに津波警報を出した。

 気象庁の資料などによると、津波の高さと被害の程度は以下の通りに予想されている。

【津波の高さ】被害の程度

【1~2メートル】岸で波が盛り上がり、速い潮の干満。木造家屋が部分的に破壊。養殖いかだに被害発生する。

【2~4メートル】波が前方に飛び出すように崩れる。海鳴り、暴風雨のような音がする。木造家屋が全面的に破壊。漁船に被害発生。

【4~8メートル】大音響と雷鳴がなる。漁船の被害率は50%に達する。石造家屋が全面的に破壊。

【8メートル以上】大音響と遠くまで聞こえる雷鳴。漁船の被害率100%。防潮林の効果もない。

※津波の高さは、漁船など海上のものに対しては海岸における津波の高さ、家屋など陸上のものに対しては地面から測った浸水の深さ。

【関連記事】
高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域と予想される津波の高さ
米ハワイに1・5メートルの津波 州知事が非常事態宣言
青森~宮城に大津波警報、太平洋沿岸全域に津波警報 気象庁発表
チリ大地震「壊滅的な被害」死者122人に ハワイに4・8メートルの津波の恐れ
チリ「壊滅的」M8・8 首都ビル崩壊、死者多数

【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)
<長谷川等伯展>東京国立博物館で開幕 3月22日まで(毎日新聞)
自民党、審議復帰を決定(産経新聞)
新任教員の免職取り消し確定=京都市の上告退ける-最高裁(時事通信)
振り込め詐欺、だまされたふり作戦で1日2人逮捕(読売新聞)
プロフィール

Author:たかすこういち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。